読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZIN-KE’s Page

夜型生活のギター弾き・池田ジンケ健児のブログ

Bad Cat「LEASH」

Music instruments


マニアックな話で失礼・・・


最近 リペアに出した
マーシャルアンプ(1976年製)
絶好調なんだけどね
古いアンプなので マスターボリュームが付いてなくてね・・・
好みの音色にする為には かなり音量を上げなきゃならんのだ
とにかくデカイ音 
バンドでのアンサンブルを考えたら 
使い物にならないくらいデカイ音(苦笑)
PAシステムが今程発達していなかった時代に 
大会場向けに造られたアンプだろうから
仕方がないんだけどさ
ジミ・ヘンドリックスも レッド・ツェッペリンも・・・
あの時代の人達って 
かなりデカイ音で演奏していたんだろうなぁ



音色はそのままで ボリュームを下げる為に
「アッテネ−ター」ってヤツを
アンプヘッドとスピーカーの間に繋いで
ボリュームをコントロールするんだけどね


オイラが所有している Ex-proのアッテネ−ターは
100% 90% 80% 70% 60%・・・って
段階式にボリュームを下げるんだけど 
(前にもココに書いたけど)
微調整が出来ないんだよね
70%だとデカイ・・・でも 60%だと小さい 
その間が欲しくても出せない・・・って感じでね
これが 最近のオイラの悩みだったんだけど


色々調べていたら

WINTER NAMM 2007(楽器ショー)で発表された
Bad Catのパワーアッテネーター「LEASH」
「巷には なかなかイイ音のパワーアッテネーターがない」
という理由で開発された 高級なパワーアッテネーターです
クラスABのアンプをお持ちの人にお勧め
無段階レベルコントロール
スピーカーのインピーダンスセレクタ
そして耐久性を重視して 熱対策のファンを搭載しています

・・・って記事を発見!!
おお!! 無段階レベルコントロール!!
悩み解消じゃん!!


今年発表されたばかりだけど 
日本で買えるのかな?
って事で 更に色々調べて
渋谷のイケベ楽器に在庫を確認
で 行って試して


こりゃ 凄い



買っちゃいました!


バンドのメンバーには
「今時アッテネ−ターなんてね〜 ワッハッハッハッ(笑)」
なんて 昨日のスタジオでは笑われちゃったけどね(笑)
こんな新製品が 「Bad Cat」のような
高級ギターアンプメーカーから 今時発売されちゃう訳で
世の中 同じ悩みを持つギター弾きが沢山いたんだなと
なんだか 安心してみたり(笑)