読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZIN-KE’s Page

夜型生活のギター弾き・池田ジンケ健児のブログ

はじめまして フェンダーツイン君

Music instruments

最近かなり気になっていた ギターアンプ
フェンダーツインの中古が入荷したと
楽器店からの連絡を受け


昼から 御茶ノ水へ車で向かう!!
車で向かうって事は 
持ち帰る気 充分って訳なのです(笑)


フェンダーギターアンプ「ツインリヴァーブ」って
その時代によって 見た目も様々だし 
かなり種類もあるので
いちおうネットで事前に 
にわか知識を頭に叩き込んでみたり
http://www.tcgakki.com/fair/14_c.html


お目当ての 「Twin Amp 01」は
現行モデルで 普通に出回っているモノなのだけどね


いわゆるフェンダー伝統の
パキーン!!と来るクリーントーン
フェンダーらしくない(笑)太い歪みの
2ch使用(+リヴァーブ&トレモロ)でね
二兎を追う者は一兎も得ず・・・
大抵 その手のモノって中途半端なヤツが多いのだけど
コイツは例外!!
オイラ的に どちらの音もかなり好みで
幅の広さに惹かれたのだ


中古とはいえ 安い買い物ではないので
時間をかけてジックリと 
類似な機種と合わせて 6台(?)くらいチェックして
これだ!!ってヤツに決めまして・・・


人生初のフェンダーアンプを
買っちゃいました!!


オイラのギターアンプ遍歴は
(覚えている限りで)
MESA BOOGIE CALIBER 50

ADA MP-1プリアンプ+パワーアンプ(メーカー忘れた)
のラックシステム(若気の至り/苦笑)

Marshall JCM900

Marshall JCM800

Marshall 1959 '76年製

最近はJCM800に戻る


・・・と 判り易い位に
マーシャル系でハードにロック!!って感じでね


それで満足していた時も
もちろんあったのだけど
(参加しているバンドの音にもよるしね)


最近は 頭の中で鳴っている音に近づけようと
マーシャルを使って(色んなものを繋いだりして)
あーでもない こーでもないと遠回りして
ある意味 無理やり作っていたのだけど
フェンダーだと シンプルにソコに近づけるって事に
ようやく気がつきまして(苦笑)


なので
外で聴いている方からすれば アンプを変えても
音色の違いは そんなに感じないのかもしれませんね
遠回りするか 近道するかが違うだけで
出している音色は きっと似たような感じですから(笑)


まぁー でも
近道出来るって事は ストレスが無いって事で
単純に 弾いてていて気分が良いのです


ってな訳で 


自宅に持ち帰った フェンダーツイン君に
はじめましてー 宜しく頼むよー 


なんて ご挨拶出来た頃には
すっかり夜になってしまい・・・


観に行くつもりだった
ライブに行けなかった上


睡眠不足な状態で アンプチェックを
長時間 かーなり集中して行った疲れ(?)からか


夜中になって 頭痛と吐き気が酷く
バンドのSkype会議にも参加できずという失態
(本当にすみませんでした)


・・・アンプを買った後は 
力尽きた感じで
ダメダメな一日でした(涙)